薬剤師 転職の比較ランキング

薬剤師 転職の比較ランキングではこれから薬剤師の転職をするという人を対象におすすめの転職サイトを紹介しています。

薬剤師が転職を考えた場合、普通の求人サイトではなく、薬剤師を専門とした求人サイトがあるのでそちらを利用するのが一般的です。
でも、まだ一度も薬剤師専門の求人サイトで求人を探したことがない人にとって、どの求人サイトを利用したらいいのか迷ってしまいますよね。

だから、このページではこれから薬剤師の求人を探す人を対象に、まずはじめにココだけは登録しておきたいという薬剤師求人サイトを5社紹介しますので参考 にしてみてくださいね。
*最初は3社のみを紹介していましたが、5社にパワーアップしました。




薬剤師求人サイトその(1)<リクナビ薬剤師>

はじめに紹介するの薬剤師求人サイトは、リクルートグループの運営するリクナビ薬剤師です。
こちらは言わずと知れた大手求人企業リクルートグループが運営する薬剤師専門の求人サイトです。
リクナビ薬剤師は業界トップクラスの求人数で非常に人気があるので登録したほうがいいでしょう。

リクナビ薬剤師はこちら



薬剤師求人サイトその(2)<エムスリーキャリア>

2つ目に紹介するのはエムスリーキャリアです。
初めて聞く名前かもしれませんが、エムスリーキャリアはソニーグループが運営する薬剤師求人サイトで現に8万人以上が利用している人気のサイトなんです よ。

エムスリーキャリアはこちら



薬剤師求人サイトその(3)<マイナビ薬剤師>

3つ目に紹介するのはマイナビ薬剤師です。
こちらはすでにご存じの方も多いのではないでしょうか?
マイナビ薬剤師は求人数も多くて、人気のサイトですね。

マイナビ薬剤師はこちら






薬剤師求人サイトその(4)<CME@薬剤師転職>

4つ目に紹介するのは、『CME薬剤師転職』です。
『CME薬剤師転職』は上3つに比べて知名度は余りありませんが、
薬剤師の転職を専門としているサイトとして
かなり評判のよい薬剤師転職サイトです。

CME@薬剤師転職はこちら






薬剤師求人サイトその(5)<薬剤師ではたらこ>

最後に紹介するのは、『薬剤師ではたらこ』です。
「薬剤師ではたらこ」はディップ株式会社が運営する薬剤師求人サイトです。
ディップ株式会社は「バイトル」を運営してる会社としても知られている
人材大手企業です。
こちらもはずせない薬剤師転職サイトであるといえるでしょう。

薬剤師ではたらこはこちら




<薬剤師の求人を効率的に探す方法>
薬剤師は引く手あまたの職業として有名ですが、
その求人を探すのにはちょっとした工夫が必要です。
アルバイトやパートなどの一般的な職業でしたら、
バイトルやバイトリッチなどの求人サイトで探したらいいのですけど、
薬剤師となると一般的な求人サイトだと薬剤師以外の求人も出てきて効率がよくないです。
そんなわけで、もし、効率的に薬剤師の求人を探したいのでしたら、
薬剤師の求人サイトを使うことをおすすめしています。
この薬剤師の求人サイトはなんなのかと言いますと、
薬剤師の求人だけを載せているサイトになります。
薬剤師の求人だけを載せているため、一般的な求人サイトよりも効率的に探すことができるんですよ。
しかも、薬剤師の求人サイトがおすすめの理由はそれだけじゃないんです。
私が薬剤師の求人サイトをおすすめしている理由には、薬剤師の求人サイトが非公開求人も扱っていることにあるんです。
非公開求人っていうのは簡単にいうと、公開されていない求人のことをいいます。
なぜ公開されていないかというと、いろいろな理由が考えられますが、
これらの非公開求人には公開されている求人よりも条件がいいものが多いというのが特徴になります。
こんなにたくさんのメリットがある薬剤師の求人サイトは使わない手はありませんね。


<薬剤師の非公開求人とは???>
薬剤師の求人サイトの中には非公開求人と呼ばれているものがあります。
これはなんなのかと言いますと、さまざまな理由から誰もが見れるようになってしまうと困る理由から一般に公開されていない求人のことをいいます。
そのため、一般の求人よりも条件がよいものが多いんです。
ではどうやって薬剤師の非公開求人を探したらいいのかといいますと、
そういうものを載せている薬剤師の求人サイトがありますから、そういったところを一つ一つ見ていくほかないようです。
ですが、それだけの価値はあると思います。
代表的な薬剤師の非公開求人を乗せているサイトとしては、マイナビ薬剤師やリクルートのリクナビ薬剤師などがあります。
このほかにも非公開求人を載せているところはあるのですが、まず最初はこの2つを見ておけば十分だと思います。


<薬剤師の転職で気をつけたいこと>
薬剤師で転職をする上で注意したいことがあります。それは、しっかり選ぶことです。
しっかり選ぶってそれは当たり前って思われるかもしれないけど、実際に詳しく伺ってみると良く分かっていない人が多いんです。
具体的にはどういうことをいうのかといいますと、給料だけで決めてしまうっていうことが多いんです。
確かに転職をする上での重要なことは給料だっていう人が多いのですけどもこれは人を採用する企業側も知っていますため、
人を採用したいあまりに福利厚生よりも給料をよくする企業も多いんです。
ですから、極端に給料がよい求人情報は福利厚生や勤務時間などに問題があるところが多いんです。
だから、薬剤師の転職を探しているのでしたら
給料は重要なんですけども、それ以外の福利厚生や勤務時間などにも目を向けてみるとよいですよ。
あとは、たとえよい求人がございましてもすぐに申し込んでしまうのではなく、1日よく考えてからその求人に申し込むというのがいいと思います。


<転職をする上での注意点>
薬剤師として転職をする上で注意しておきたいことを書いておきたいと思います。
薬剤師は売り手市場だから、簡単に就職できると思っている人も多いみたいですが、
実際にはそうではないと言うことを薬剤師になってから知ったという人は少なくないと思います。
そのため、たとえ薬剤師になっても、転職を検討している人ってとっても多いんです。
だから、薬剤師で転職をするなら注意しておきたいポイントがいくつかあります。
その一つは、給料の高さだけでは選んではいけないっていうことです。
給料って仕事をするうえでは最も大事っていう人が多いことなんですけど、それは採用をする企業側もわかっています。
ですから、給料順で検索されたときに自分のサイトが一番上になるように給料だけを高くしているという企業が多いんです。
給料の高いサイトによくあるんですけど、給料が高い代わりにそのほかの例えば福利厚生や休日日数が極端に低いところが多いんです。
給料が高い理由に休日が少ないとなるとあまり魅力的ではないですよね。
だから、もしあなたが薬剤師で転職先を探しているのでしたら、給料よりもそのほかの条件もよく考慮してから見てみるといいですよ。

<薬剤師の求人を探すときは給料以外の項目も見よう>
薬剤師の求人を探すときには給料以外にも必ず見なければならないポイントがあります。
それが勤務条件になります。勤務条件とは労働時間や福利厚生、通勤費の有無などになります。
これらは給料に比べるとあまり見ない人が多いんですけど、求人を探す上では必ず見ておきたいポイントになります。
なぜこれらの勤務条件を見ておきたいのかというと、求人には給料がよい反面、福利厚生が悪かったり、休みが極端に少ないなど、なにかしらの裏がある場合が 多いんです。
薬剤師の求人は売り手市場であるため、給料で釣るという企業が多いのでこの点に関しては、特に注意が必要なんです。
だから、薬剤師の求人を探しているのでしたら、給料がどれくらいなのかっていうことはもちろんなのですが、
それ以外の勤務条件である福利厚生や勤務時間なども見ておくといいでしょう。